富士塗工は戸建て住宅や、集合住宅を始め、大規模修繕工事などの外装リフォームを専門に行っている会社です。

色彩を扱う心理学の主な分野③

HOME > コラム > 色彩を扱う心理学の主な分野③
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


❀色の影響と無意識の関係

心理学の今日の在り方で、色と心の関わりに大きく影響したのは、
先の歴史に登場した「精神分析」のフロイトが発見した「無意識」です。

日常で、私たちの行動は意識下に置かれていると思っているが、実は自分では意識できない領域、無意識が、行動にも言動にも影響を及ぼしています。
この無意識内に不安や葛藤が抑圧されていると考えられ、こうした無意識の領域を扱う心理学を「深層心理学」と呼んでいます。
深層心理学には、フロイトの精神分析のほか、後述するC.Gユングの分析心理学なども含まれています。

色彩が持つ影響は、こうした無意識の存在を考えずには取り扱うことができません。
また、これらの心理学は研究ではなく、治療や問題解決といった、実際の臨床的な場での理論として大きく影響を及ぼしています。
そこで無意識と治療に深く貢献した、2人の人物とその理論を見ておきましょう。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加