富士塗工は戸建て住宅や、集合住宅を始め、大規模修繕工事などの外装リフォームを専門に行っている会社です。

ユングの理論と芸術療法への貢献①

HOME > コラム > ユングの理論と芸術療法への貢献①
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


*フロイトとユングの違い

フロイトと同様に、無意識の正解と治癒について深く研究したのが、スイスの精神科医で心理学者のユングです。
ユングが創設した「分析心理学」は非常に奥が深い。ここでは、治療として重視した創作活動に関連する無意識などを中心にして説明します。
ユングとフロイトの違いは無意識のとらえ方ともいえ、単純化すると大きく2つの点が挙げられます。
フロイトが無意識を個人的なものととらえたのに対し、ユングは無意識を「個人的無意識」と、人類に共有される「普遍的無意識(集合的無意識)」の2つの層に分けました。
フロイト発想にこの普遍的無意識の層がないことが、決定的に異なる点であります。
つまりユングは、人の心の構造は、意識を含めて3つの層からなっていると仮定しました。
またフロイトは、無意識に隠されたものは心を破壊してしまうような力を持つ性的欲望などで、消し去るべき悪いものと考えていたよです。
しかしユングは、そうした破壊的力を持ち危険であることを認めつつも、そのエネルギーは悪い力というのではなく、
むしろその人の一部として取り込むことで創造的な方向へ使うことができ、治療や問題解決につながる力になると考えました。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加