富士塗工は戸建て住宅や、集合住宅を始め、大規模修繕工事などの外装リフォームを専門に行っている会社です。

喪の色から流行色へ変化した日本の灰色

HOME > コラム > 喪の色から流行色へ変化した日本の灰色
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

灰色や鼠色という色名は江戸時代で盛んに登場しますが、それ以前の平安時代では、「鈍色」あるいは「薄墨色」という色名が主流です。
薄い灰色から濃い灰色まですべてを総称しており、『源子物語』や『枕草子』でもこの名が多く登場しています。
喪の色でもあり、特に亡くなった人とのつながりが深ければ深いほど、濃い色を着ました。
悲しみの深さを色の濃さに託すという、細やかな感性が生きた時代の色なのです。
輸入の染料などで染めたといわれる鈍色は、緑みがかった灰色。
藍を下染めした後に再度染料をかけた「青鈍」も、美しく繊細な色でした。
室町時代に入ると、禅の思想の影響から、墨の濃炎で表現される灰色に幽玄な美しさを感じていきます。
この経緯が侘寂の世界観を創り、喪の色だった灰色を江戸の流行色に押し上げたのでしょう。
もちろん贅沢を禁じる「奢侈禁止令」が最大の理由ですが「四十八茶百鼠」という言葉が示すように、
茶と並んで多くの灰色が登場しました。
多種多様な灰色が生まれたのは、濁色系の微妙な色合いを見分けてきた日本人ならではの好みにもよります。
緑系の「利休鼠」、ピンク系の「桜鼠」、紫系の「藤鼠」など、時代の私たちには、灰色というよりソフトトーンの色に見えます。
ただこの時代に流行した役者色には鼠色がありません。
やはり華やかな役者に、鼠のイメージがつくのはよくないからでしょう。
また、天皇が日常に着用する色で禁色であった「麴塵」は、緑とも灰色の一種とも考えられています。
黄の染料の苅安と、紫の染料の紫草を掛け合わせた複雑な色です。
いわゆる補色を掛け合わせて無彩色を作っており、驚くべき知識を当時の人々は持っていたというわけです。
地模様がある絹に染められると、光の加減で緑みから赤みまで複雑な輝きを見せます。
日本人の感性を知る上では欠かせない色でしょう。
世界でも灰色を愛した文化は希少なのです。




  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加