富士塗工は戸建て住宅や、集合住宅を始め、大規模修繕工事などの外装リフォームを専門に行っている会社です。

文化や人種、環境が与える影響

HOME > コラム > 文化や人種、環境が与える影響
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【地域説につながる民族説】
人種による嗜好の研究もあります。
それは地域説ともつながり、人間種はその気候風土で進化し分岐してきたため、瞳の色の違いによって
色をとらえる感度差が生じ、嗜好にも影響するという発想です。
その差は、瞳の色だけでなく、肌や髪の色にも関係するといいます。
これは民族説、見方によっては環境説ともいえ、アメリカの色彩学者たちが強調している説です。
たとえば日当たりのよい地域では、はっきりした派手な色で暖色系を好む傾向があり、
反対に曇りがちな地域では、淡くグレイッシュな色で寒色系が好まれる傾向にあるといいます。
これを地域とつながった人種に置き換えると、イタリアなどを代表とするラテン系民族は暖色嗜好で、
性格的には刺激や興奮を好む外向的タイプです。
金髪碧眼の北欧系民族は寒色嗜好で、落ち着いて保守的な内向的タイプとなります。
環境に順応して変化してきた人種は、人格にも共通した部分が生じ、色の嗜好にも関わってくるというもので
文化や芸術を見ると否定はできません。
しかし各国の好みの色では、鮮やかな青がトップになることが多いため、一概にはいえないことがわかるでしょう。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加