富士塗工は戸建て住宅や、集合住宅を始め、大規模修繕工事などの外装リフォームを専門に行っている会社です。

アメリカ大統領選挙での色彩戦略

HOME > コラム > アメリカ大統領選挙での色彩戦略
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【オバマの色彩戦略】
2008年のアメリカ大統領選挙でのB.オバマの勝利の要因として、ネット・ツールを熟知し活用したことが多く取り上げられました。
しかし色の戦略の非常に巧みで、彼のファッションは計算されていたのです。
まずは褐色の肌と白いシャツ。顔周りの明度差を作ることで、白が額縁となって彼そのものが印象づけられます。
同時に白のイメージを強調することにもなり、清潔感と爽やかさをよりアピールできたのです。
同じ白いシャツを白人が着ても、これほど白の特徴を強調することはできないでしょう。
そして、ダークカラーのネクタイやジャケットで肌の暗さとのバランスが取れていました。
ジャケットの濃い色は安定感、堅実さの印象を与え、ネクタイに青系の濃い色を使うときは白とのコントラストで
若々しさや知性など、彼の長所が打ち出されていました。
加えて討論会では、相手によってネクタイの色を調整していました。
熱く語ったほうが優位な場合は赤、謙虚さや若さ、冷静さを売りにしたいときは青と、見事に使い分けていたのです。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加