富士塗工は戸建て住宅や、集合住宅を始め、大規模修繕工事などの外装リフォームを専門に行っている会社です。

高齢者にやさしい色の配慮

HOME > コラム > 高齢者にやさしい色の配慮
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【加齢によって見え方が変化する】
日本では加齢化が進んでいますが、年齢を得ても快適に暮らすためには、色による十分な配慮が
公共施設でも個人住宅でもなされなければいけません。
たとえば、中年期以降に発症するといわれる白内障は、眼の水晶体のたんぱく質が変化し濁るため、
その見え方は白や黄のフィルターを通したような状態となります。
濁りのために光が散乱し、見えづらく、また色の認知も変化してしまうのです。
こうした水晶体の白濁、または黄白色への変化は、病気によるものだけでなく、加齢によってすべての人に生じます。
そのため、同じ色を見ていても、若い世代と高齢者とでは異なっていることに注意したいです。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加