富士塗工は戸建て住宅や、集合住宅を始め、大規模修繕工事などの外装リフォームを専門に行っている会社です。

高齢化への対策

HOME > コラム > 高齢化への対策
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加齢による水晶体の黄みの濁りが強いと、色は黄色のフィルターを通したように見えます。
そのため、微妙な色の違いの判別がつきにくくなり、青、紫などは茶色系に変化します。
また、暗い色はどれも同じように見えるなどの問題が生じます。
道路や室内でもわずかな段差につまずくことが多くなるので、階段の注意を促すには
赤と緑のような色相の差ではなく、黒と白のように明度差をはっきりつけなければいけません。
また日常の照明に関しても、白く明るい照明よりも、
まぶしさを抑えられるやや赤みの照明のほうがラクだといわれます。
部屋全体を照らすより、高齢者の手元だけ、クリップスタンドなどを使い明るくするほうが
同居する若い世代にとっても負担が小さい改善といえます。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加