富士塗工は戸建て住宅や、集合住宅を始め、大規模修繕工事などの外装リフォームを専門に行っている会社です。

補色配色

HOME > コラム > 補色配色
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【補色配色とは】
色相環上でもっとも遠いところにある色の組み合わせ、つまり色相の差がもっとも大きい色の組み合わせが「補色」です。
彩度の高い色同士の補色配色は、非常に華やかで刺激性の高い組み合わせになります。
インパクトを与えたいデザインや、躍動感を強調したい場合によく用いられます。
ただし、彩度の高い色というのはそれだけで脳への刺激も強いもの。
さらに補色で組み合わせることで、目がチカチカするような激しさが感じられます。
特に補色同士が隣り合った場合には、ハレーションと呼ばれる現象が発生し、
見つめ続けることが苦しくなってしまう場合もあるので注意が必要です。
文字が多い制作物や、じっくりと見てもらいたい内容のものよりも、一瞬で通り過ぎるポスターや広告などに向いた配色方法と言えるでしょう。
補色配色は、彩度や明度をコントロールすることで刺激を和らげることが可能です。
自然界の中でも緑の葉に赤い実、紫の花弁に黄色いしべと言った具合にたくさんの補色配色を見つけることができます。
また、古来より世界中で補色を用いた絵画や衣服が使われており
その組み合わせの華やかさが愛され続けていることがわかります。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加