富士塗工は戸建て住宅や、集合住宅を始め、大規模修繕工事などの外装リフォームを専門に行っている会社です。

アジアンモダンな配色

HOME > コラム > アジアンモダンな配色
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伝統的なアジアや和のカラーは、木や土、木や花の色がベースにあります。
自然にあるものを使いながら、自然と調和させ、あるいは自然の中で映える華やかな色使いがその特徴です。
このテイストを現代の感覚とミックスさせたのが、アジアンモダン、和モダンなどと呼ばれるインテリアやデザインの考え方。
合理的で無機質な、あるいは人工的な印象の現象の現代デザインの中に、伝統的な工芸品をアクセントとしてミックスさせます。
グラフィックでも考え方は同様で、現代的なデザインに一部アジアを感じさせるフォルムや配色を加えます。
このデザインで特徴的なのは、形や色がシンプルであることと、明度差や彩度差がはっきりとあること、
とりわけ彩度のコントラストが強いことです。
彩度差を大きくするために効果的なのが、黒もしくは白の活用
濃紺や濃茶などの黒に近い色や、ベージュや漆喰色などの白に近い色をベースにするのもよいでしょう。
組み合わせるのは彩度の高いブルーやグリーン、赤などのはっきりした色相が向いています。
また、金や銀といった特殊な色、もしくは金をイメージさせる茶色(金茶)なども、アジアンなイメージを強く感じさせる配色です。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加