富士塗工は戸建て住宅や、集合住宅を始め、大規模修繕工事などの外装リフォームを専門に行っている会社です。

エコロジーを感じさせる配色

HOME > コラム > エコロジーを感じさせる配色
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本来は「生態学」を表す「エコロジー」という言葉が、人間生活と自然との調和、あるいは自然環境を保護するための
義務といった意味合いのキーワードとして使われ始めたのが1970年代頃。
それが今では、社会生活の中の当たり前のこととして受け入れられるようになってきています。
エコロジーが声髙に叫ばれていた時代には、あらゆる場所でイメージカラーである彩度の高いグリーンが多用されていましたが
今のエコロジーは楽しみながらできる持続性の高いイメージに変化しているようです。
色で言えば、グリーンに白や生成りなどの明度の高い色を組み合わせて軽快感を出したり、色使いを控えることで
木目や紙の質感を強調したり、明度の高いグリーンでさわやかな軽さを感じさせるといった傾向があります。
地球をイメージさせる水や空気の青、木の幹、土の色などもエコロジーを感じさせる色です。
また、テクノロジーがエコロジーにつながるという考え方も浸透してきたため、無彩色とグリーンや青を組み合わせて
シャープに仕上げるのもよい方法でしょう。
いずれの場合も色数はあまり多くないほうがこのイメージにはマッチします。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加