富士塗工は戸建て住宅や、集合住宅を始め、大規模修繕工事などの外装リフォームを専門に行っている会社です。

影を感じる黒の使い方

HOME > コラム > 影を感じる黒の使い方
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無彩色はどんな色彩にも合う「万能色」と言ってもいい色です。
中でも黒は、デザイン全体に使えば重厚で高級感のあるイメージに、部分的に使えば見やすくシャープに引き締める効果がある便利な色。
また、色の中ではもっとも明度が低く、光を感じない闇・影の色というイメージもあります。
ステンドグラスや影絵のようなこの黒の使い方は、黒以外の色をひときわ鮮やかに見せ、テーマをより象徴的に感じさせ、またデザインに
奥行きを感じさせる効果があるためよく用いられる手法でもあります。
黒を影の色として感じさせるためは、それ以外の色を鮮やかに明るくしておく必要があります。
光の色としては黄色系統の色がもっとも自然に感じられるものですが、黒との組み合わせにおいては赤系や緑系、
あるいは一般的には「影」の色として認知されやすい青系統の色でも、相対的に明るく見せる効果がもたらされます。
デザインの中に光と影の関係を作り出すことで、表現は深みを増します。
明るさの中にある激しい影から、ほの暗い中に生じる静かな影まで、組み合わせる色によってその「影」のイメージもさまざまに変化させることができます。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加