富士塗工は戸建て住宅や、集合住宅を始め、大規模修繕工事などの外装リフォームを専門に行っている会社です。

優等生なトラディショナル配色

HOME > コラム > 優等生なトラディショナル配色
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「トラディショナル」は、「伝統的な」という意味です。
どんな文化でも伝統的なものはありますが、ここではイギリスに代表されるヨーロッパのトラディショナルな配色について考えてみます。
トラディショナルな印象を強く感じる例としては、落ち着いたインテリアが挙げられます。
伝統的な色柄を使ったカーペット、ナチュラルな色使いの壁、深みのある赤や青、緑の家具。
実際に古いイギリスの家具などは人気がありますが、それを模して作られた新しいものも多く出回っています。
また、学校の制服やいわゆる「トラッドスタイル」の洋服など、ファッションのジャンルでもトラディショナルな色柄は、時代を問わない人気があります。
この配色では、ベースに濃紺や濃茶、深いグリーンなどの明度の低い色を用いるのが特徴です。
そのベースに、ユニオンジャックを思わせる赤や青を組み合わせます。
また全体に暗い色調になりすぎないよう、白やクリーム色を上手に取り入れるとよいでしょう。
白の分量を多くすることで、比較的現代的な軽やかなトラディショナルカラーになります。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加