富士塗工は戸建て住宅や、集合住宅を始め、大規模修繕工事などの外装リフォームを専門に行っている会社です。

ピュアなふんわりイメージ

HOME > コラム > ピュアなふんわりイメージ
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みずみずしさや透明感にあふれた赤ちゃんの肌には、誰もが思わず触れてみたくなるような美しさがあります。
じっと見ていると、自然と優しい気持ちになれるもの。
ピュアなやさしさを表すのは、彩度・明度ともに高い色です。
特にベビーカラーと呼ばれるピンク、水色、グリーン、クリーム色は、よくベビー用品にも用いられるカラー。
この配色で色を選ぶ基準としては、赤ちゃんの肌に直接触れる色としてふさわしいかどうか?を、考えてみるようにするとよいでしょう。
ベビーカラーは、白やアイボリーと組み合わせることで、よりピュアなイメージを高めることができます。
グレーや黒などの無彩色は本来あまりこの配色にはなじみませんが、部分的に引き締めたりクールなイメージをスパイス的に追加するのに使われます。
また、明度の高い色だけで組み合わせるとぼんやりとした印象になってしまいますので、アクセントとしてやや明度の低い色を組み合わせるようにします。
アクセントカラーには、寒色・暖色どちらでも合いますが分量をごく控えめにしておくことと、色をあまり濁らせないよう彩度を保つことがポイントです。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加