富士塗工は戸建て住宅や、集合住宅を始め、大規模修繕工事などの外装リフォームを専門に行っている会社です。

アメコミタッチの明朗な配色

HOME > コラム > アメコミタッチの明朗な配色
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカンコミック(アメコミ)は19世紀後半に始まり、1930年代以降に大量に印刷されるようになった、アメリカのマンガ本・雑誌です。
「スーパーマン」に代表されるヒーローアクション、冒険・探索ものから、「スヌーピー」のような動物・人間ドラマまで
当時の子供たちだけでなく今も世界中の人たちに愛されるたくさんのキャラクターを生み出しました。
キャラクターの生き生きとした描写もさることながら、アメコミには独特の彩色や表現方法の魅力があります。
黒いインキで描かれた、太くて力強い線。
赤・黄・青の三原色のべた塗、極端に変形された擬音、大きな印刷のアミ店など。
これらの特徴は当時、大量生産するための印刷技術や分業制度の副産物でしたが、今ではそれを手間をかけて再現することもあるほど表現方法として定着しています。
ポイントは、CMY(シアン、マゼンタ、イエロー)のインキ色をあまり混色せずに使うこと。
中間色や彩度の低い色は用いません。
デザイン的には全面的に色で覆い、紙の白地も「白」色として活用します。
この配色は、企業のロゴなどにもよく見られます。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加