富士塗工は戸建て住宅や、集合住宅を始め、大規模修繕工事などの外装リフォームを専門に行っている会社です。

神秘的な光の色

HOME > コラム > 神秘的な光の色
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

光はわたしたちの暮らしを照らし、ものを見るために不可欠な存在です。
舞台を演出するスポットライトの劇的で鈍い光から、真っ暗な空に孤髙にたたずむ星のような光まで、光は実にさまざまな表情を持っています。
ここではそんな光の中でも、やさしさや神秘性を感じさせるような光を取り上げます。
神秘性を感じる光の代表格は、太陽と月でしょう。
太陽は生物に光と熱を与え、太古の昔から人々にとって活力の源としてとらえられてきました。
太陽を神としてあがめる風習もギリシャやエジプト、日本などの世界各地で多く見られます。
一方、月はおだやかで精神的な存在として認知され、女性的なイメージが強いようです。
太陽や月のような自然界の光源は前方位を照らし、大気によって拡散したぼわっとしたにじみのある明るさが特徴です。
そのためこの光の表現する際は、グラデーションを用いて光の強弱や微妙な色の変化を表現するとよいでしょう。
太陽光をイメージした場合は赤からオレンジ、黄色にかけての暖色系等が向いています。
より神秘的な月の表現では、青から紫にかけての寒色系になります。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加