富士塗工は戸建て住宅や、集合住宅を始め、大規模修繕工事などの外装リフォームを専門に行っている会社です。

北欧イメージの配色

HOME > コラム > 北欧イメージの配色
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北欧は日照時間が短く、そのわずかな光を最大限に楽しむために昔からクリアで明るい色が好まれてきたそうです。
また自然との調和を忘れず、地域の文化を大切にするその精神が世界中から注目されています。
特にインテリアやファブリック、おもちゃ、雑貨などの分野では「北欧デザイン」というジャンルが確立しており、
日々の暮らしを心地よく過ごすために取り入れられています。
北欧イメージ配色では、さまざまな色相で彩度・明度がやや高めの色が好んで使われます。
グリーンやブルーは、ナチュラルな木の色とも相性がよく、北欧イメージの基本カラーと言えるでしょう。
また白・グレー・アイボリーを組み合わせることで、鮮やかな色の透明感がより引き立ちます。
デザイン自体は大柄ではっきりとした色の変化がある方がよいでしょう。
花柄や水玉、幾何学模様の他、刺繍や織り物などの手芸品から得たモチーフなども使われます。
モダンからレトロなイメージまで、テイストを変化させることができるのもこの配色のよいところです。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加