富士塗工は戸建て住宅や、集合住宅を始め、大規模修繕工事などの外装リフォームを専門に行っている会社です。

無彩色の魅せる配色

HOME > コラム > 無彩色の魅せる配色
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無彩色とは彩度のない色。つまり色味が感じられない白、グレー、黒のことを指します。
「困ったら無彩色(あるいは黒)」とよく言われるように、無彩色はどんな色とも組み合わせできる万能色ですが、
配分や質感によっては冷たさやさみしさを感じさせてしまう色でもあります。
無彩色を魅力的に感じさせるには、無彩色に加えてわずかに色味を感じることのできる程度の無彩色に近い色を組み合わせるのが有効です。
たとえわずかな色味であっても、無彩色の中にあることでその存在は強調されます。
逆に完全な無彩色の中に、完全な有彩色を組み合わせる方法もあります。
この場合の有彩色は、面積を極力小さくすることでアクセントとして機能します。
また、ひとくちに「無彩色」と言っても、明度の高い組み合わせと、明度の低い組み合わせでは印象がまったく違ってきます。
軽やかさややさしさを感じさせたい場合は、明度を高く。
逆に重々しさや強さ、格調の高さなどを演出したい場合は明度を低く組み合わせるとよいでしょう。
無彩色の組み合わせでは、微妙な明度の変化も人の目にはっきりと感じさせることができます。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加