富士塗工は戸建て住宅や、集合住宅を始め、大規模修繕工事などの外装リフォームを専門に行っている会社です。

アニメーション的配色

HOME > コラム > アニメーション的配色
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アニメーションやコミックで「色」といえば、主線でくっきりと形作られた中にべた塗されたものが連想されます。
キャラクターは、街で実際に歩いている人と同じような背景やファッションを持ちつつも、髪や目の色は現実にはあり得ない
鮮やかな色をしているのも大きな特徴と言えるでしょう。
アニメーションに限らず、物語においてキャラクターのカラーというのは、その性格やバックボーンを表現するための重要な要素です。
また主人公とライバル、仲間と敵などの構図を作り出すために色で識別できるようにする、といった役割もあります。
しかし一方、識別の機能が高すぎるとキャラクターが記号的な表現となり、見る人が感情移入しにくくなったり
細やかな心情表現からは遠ざかってしまう場合もあります。
この配色のポイントとしては、ある程度高彩度な色を用いつつ、グラデーションやぼかし、透過などの技術を織り交ぜる。
あるいは使用する色相を絞って近似色配色するとよいでしょう。
ピンクや紫、明るい青系統の色をベースにすると、現代的な雰囲気に仕上がります。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加