富士塗工は戸建て住宅や、集合住宅を始め、大規模修繕工事などの外装リフォームを専門に行っている会社です。

夏の風物

HOME > コラム > 夏の風物
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人は暑い季節に「色で涼を演出」ことが得意です。
懐石料理では青竹を器にしたり、盛り付けのアクセントに青もみじを添えます。
色の心理的な寒暖は色相で決まり、赤~黄までは暖色、青系は寒色です。
いずれにも該当しない緑系と紫系は温度感を持たない中性色ですが、
緑も演出次第では、涼しく爽やかな夏の色になります。

イメージ:爽やかな、涼やかな、穏やかな
配色の仕方:グレイが混ざったような明るい色を活用
ポイント:緑なら青緑、紫なら青紫が寒色に近い効果

・蚊取り線香:おなじみの蚊取り線香のような深い青緑。
・青もみじ:この時期の青々としたもみじは涼感を誘う。
・素麺:のど越しの良いそうめんのような色。
・浴衣:藍色とも紫色ともつかない浴衣の深い青。
・アザミ:野アザミの花のような濃い赤紫。
・扇子:上質な白檀の扇子をイメージした色。
・錦鯉:錦鯉発祥の地は新潟県の小千谷市。泳ぐ宝石。
・風鈴の音色:涼やかな風鈴の音をイメージした水色。
・蛍の光:夏の夜、ホタルが放つ神秘的な光をイメージした色。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加