富士塗工は戸建て住宅や、集合住宅を始め、大規模修繕工事などの外装リフォームを専門に行っている会社です。

平安の雅

HOME > コラム > 平安の雅
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平安時代、貴族の女房装束は複数の衣をかさねることが基本とされていました。
これを「襲(かさね)の色目」と呼びます。
季節ごとに色の組み合わせが細かく定められ、それぞれの配色には「松襲(まつがさね)」「勾配の匂い(こうばいのにおい)」
といった風流な名前が付けられていました。
決まりを守らない装いは、マナー違反とされました。

イメージ:華やかな、艶やかな、明るい
配色の仕方:彩度が高く明かる色を組み合わせる
ポイント:季節感が感じられるよう工夫すると良い

紅色:紅花の赤い色素で染めた色。「くれない」とも読む。
黄丹:紅花と梔子(クチナシ)で染めた皇太子の袍の色。
萌黄:平安時代には若年者の色とされていた。
今様色:今様とは「はやりの・流行の」という意味。
一斤染:絹一斤に対し紅花を一斤しか使わない薄い赤。
山吹色:山吹の花色。後に小判金色の表現にも使われた。
薄色:この時代、単に「濃い・薄い」といえば紫の色相のこと。
藤色:藤の花に見られるような青紫。
二藍:藍と紅を掛け合わせて染めた紫色のこと。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加