富士塗工は戸建て住宅や、集合住宅を始め、大規模修繕工事などの外装リフォームを専門に行っている会社です。

江戸の粋

HOME > コラム > 江戸の粋
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸時代、幕府が発令した奢侈禁止令では、庶民の着物は綿または麻、色は茶色、鼠色、藍色に限定されました。
「それならば、茶や鼠にさまざまな色のバリエーションを作って楽しもう」というのが庶民の前向きな発想なのです。
俗に四十八茶百鼠と言われます。

イメージ:渋く、地味な、落ち着いた
配色の仕方:さまざまな茶色と灰色を組み合わせる
ポイント:アクセントカラーは控えめにする

梅鼠:紅梅の花のような赤みの灰色。江戸後半に流行。
深川鼠:緑みの灰色。深川の若衆や芸者の間で流行した。
藍鼠:藍のような青みを帯びた灰色のこと。
団十郎茶:五代目市川団十郎「暫」の衣装に使った柿渋色。
路考茶:人気の女形、瀧川菊之丞の八百屋お七の衣装。
芝翫茶:中村歌右衛門が好んだ茶色。彼の俳号が芝翫。
璃寛茶:嵐吉三郎(俳号璃寛)が好んだ茶色。
藍色:ジャパンブルーと賞賛された藍染目の青。
納戸色:納戸は今でいう押入れ、物置き部屋。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加