富士塗工は戸建て住宅や、集合住宅を始め、大規模修繕工事などの外装リフォームを専門に行っている会社です。

橙・オレンジ

HOME > コラム > 橙・オレンジ
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オレンジは食欲をそそる「おいしい色」の代表。
健康的で楽しいイメージをもち、オランダでは国民的な人気色です。
しかし歴史的には強烈な個性をもつ赤と黄色の間にはさまれ、ある時には赤の仲間、
またある時には黄色の仲間と、定義が定まらない色でもありました。
橙やオレンジという呼び名も、果実から借りてきたものなのです。

イメージ:活発な、ほがらかな、元気な、カジュアルな
具体例:みかん、ニンジン、カボチャ、夕焼け
ポイント:カジュアルで暖かいイメージを表現できる

・橙色:あざやかな黄赤。ダイダイ(ミカン科の果実)の果皮のような色。
・柿色:つよい黄赤。柿の実の色。柿渋の赤茶色を柿色と呼ぶことも。
・黄丹:つよい黄赤。クチナシとベニバナで染めた皇太子が着る衣の色。
・柑子色:明るい黄赤:コウジ(柑子みかん)の果実のような色。
・杏色:やわらかい黄赤。熟したアンズの実のような色。
・マンダリンオレンジ:つよい赤みの黄。中国原産のみかん。マンダリンのような色。
・マリーゴールド:あざやかな赤みの黄。メキシコ原産のマリーゴールドの花の色。
・明るい灰みの黄赤。モモの果肉のような色。日本の桃色はモモの花色。
・キャロットオレンジ:つよい黄赤。ニンジンのような、はっきりとしたオレンジ。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加